本文へスキップ

最近のお葬式

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

最近のお葬式

近頃のお葬式は、昔ながらのやり方とは少し異なっています。これまでのやり方といえば、僧侶を読んでお経をあげてもらい、親族はもちろんのこと、生前親交のあった友人や職場関係、近所の方などたくさんの方に見送ってもらうお葬式が一般的でした。しかし近年では、家族だけで故人を見送る家族葬や、宗教色を取り払った自由葬など、故人らしい特徴のあるお葬式を行うことが増えています。このような形はこれまでの一般葬とは異なっており、いろんなスタイルの中から故人に合うやり方が選ばれています。

お葬式の種類が増えているので、故人に合ったやり方を行う人や、終活の希望に通りに行うことがあります。この時には、親族などの関係者にしっかりと説明をしておくことが大切です。特に檀家となっているお寺との対応を間違ってしまうと、お葬式自体が滞り大変なことになってしまいます。喪主となって初めてお葬式を行うときにこれまでとは違うやり方を行うと戸惑うことも多いかもしれませんが、専門業者へ相談すれば最適なアドバイスを受けられます。

近年では、自身の死後のために終活を行う人が増えています。この終活には、お葬式の内容なども含まれており、この終活の内容に沿って供養してもらいたいと希望する人もいます。しかし、終活を行うときにどのような対応に気をつけなければいけないか、知らない人も多く間違って決定してしまう人もいます。専門業者では、お葬式の種類が増えていることでいろんな対応をしてくれますが、あまり現実的でない場合には非常に大変なお葬式になってしまうものです。終活とは自身の死後について、希望を伝えることができる方法ですが、実現が可能な内容と不可能な内容を理解しておかなければいけない行動です。

最近増えているお葬式の種類では、どのような種類のものがあるか気になる人も多いです。故人らしいお葬式をするときには、いろいろ考えてしまうので、親族で相談してみるのも解決策になります。縁起でもないといわれる両親もいますが、終活をしている人たちにとっては当たり前のことです。また、故人の希望を叶えるためには、親族の賛成を得ることができなければ実現が難しい場合もあります。家族だけで決定してしまい、親族からの不満が出てしまう恐れもあります。故人の意志であることを親族に納得してもらうことができれば、大きなもめ事もなく故人の供養を行えるでしょう。

そこで、次のページから、喪主になったときに困らないために、最近のお葬式の種類や注意点について説明します。

information新着情報

2018年07月09日
ホームページを更新しました。